人生を「エディット」しよう。
EDiT 2020年版(3月・4月始まり)の注目ポイント

使う人、一人ひとりが「人生というストーリー」を編集していくための手帳として生まれ、1日1ページ手帳からスタートしたEDiTは、2020年版で10年目を迎えました。

この10年、わたしたちのライフスタイルやワークスタイルも徐々に変化し、令和時代初めての年明けと共に、新鮮な気持ちで、これからの新しい暮らしや働き方へのイメージが膨らんでいる人も多いかと思います。

そのイメージに一歩ずつ近くためにも、手帳は役立ちます。ただのスケジュール管理じゃない、手帳の使い方……まずはEDiTを手に取り、やってみたいことをリストアップしたり、日々を振り返り、次へのアクションを考えたり、日常をログしたり…………。

そうすることで思考が整理されたり、タイムマネジメントが習慣化されたり、書き留めた言葉に励まされたり、自分自身が見えてきたりします。そうして手で書く時間、手帳と向き合う時間が「自分と向き合うための大事な時間」を教えてくれます。

EDiTといっしょに、毎日の小さなできごとを積み重ね、新しい1年を「エディット(編集)」していきましょう!

ここでは、2020年(3月・4月始まり)版のEDiTのポイントをお届けします。

ポイント1 :
人気のプリントジャケットに新柄登場!

2020年版の12月・1月始まりで好評だった「プリントジャケット(1日1ページ手帳・B6)」の新柄が登場。何を書き込もうかな……そんなワクワクするようなオシャレな柄のカバーが揃い、どれにしようか迷ってしまいそう。手ごろな価格も魅力的です。1日1ページを使って日々のライフログを楽しみたい人に、ぴったりの1冊となります。

手帳 2020

ポイント2 :
3月・4月始まりらしい、明るいカラーリング

どの表紙にも、3月・4月始まりにふさわしい、気持ちが高まるような明るい色味の、そしてトレンドを意識したスモーキーなカラーリングがラインアップされています。

手帳 2020

ポイント3 :
「ポール & ジョー ラ・パペトリー」の華やかな新柄

大人気の「ポール & ジョー ラ・パペトリー(1日1ページ手帳・B6 / 週間バーチカル手帳・B6)」は、ブランドのアイコニックな定番モチーフ「クリザンテーム」に加え、色とりどりのバラが咲き誇るイギリスの美しい庭園をイメージした「イングリッシュ・ガーデン」、メガネをかけた猫たちがユニークな総柄「ガッティ・サングラス」、ブルーの瞳の子猫たちをあしらった「シャトン・ユー・ブルー」の4柄が揃っています。

手帳 2020

*週間バーチカル手帳(B6)の「ポール & ジョー ラ・パペトリー」は、上画像と仕様が異なります

また「ポール & ジョー ラ・パペトリー」をはじめ、一部のジャケットタイプカバーは、“カバーのみ”の販売も。季節や気分に合わせて手帳の着せ替えができます。

ポイント4 :
土日スペースが広いダブルマンスリー
「週末重視の月間手帳」

趣味、複(副)業やボランティア、資格試験の勉強、イベント主宰など、さまざまなライフスタイルや働き方が広がる昨今、“余暇の過ごし方”も見直されています。

そんな中、新しいライフスタイル、新しいワークスタイルを実現した人のための、週末時間にフォーカスした新しいフォーマット、その名も「週末重視の月間手帳」が、2020年版の3月始まりにも登場しました。

手帳 2020

土日のスペースが広く、横罫の月間ページも付いたダブルマンスリータイプのフォーマットは、クリエイティブなオフタイムをつくることの大切さを気づかせてくれます。

企画担当者による商品のコンセプト解説や使い方例など、詳細についてはこちらからご覧ください。

2020年版(3月・4月始まり)の中面フォーマットは?
多様なライフスタイルや働き方をサポートする4つのフォーマット

新フォーマットの「週末重視の月間手帳」を含め、その人のライフスタイルや働き方、用途に合わせて選べる全4タイプです。

それぞれ、予定やタスクの管理だけでなく、毎日の記録や振り返りにも使えるので、「今年はどのフォーマットにしようかな?」と思うときには、「日々の仕事や生活への手帳の生かし方」についても、改めて考えてみてもよさそうです。

手帳 2020

1日1ページ手帳(B6変型)
フォーマットに迷ったらコレ!
予定もアイデアも書き込める、人気NO.1の日付入りノートは、ドット罫と24時間対応の時間軸が特長の自由度の高いフォーマット。ビジネスユースからライフログまで、いろいろな使い方ができます。

② 週間ノート手帳(セミA5)
ざっくりバーチカル+ノートで、週単位のタスク管理に最適なフォーマット。1週間の予定&タスクと関連メモが見開きで確認でき、並行するプロジェクト、あるいは家族と自分などを、複数の予定を管理したい人におすすめです。

週間バーチカル手帳(B6変型)
縦軸のフォーマットで、オン・オフの予定や空き時間も可視化しやすい30分刻みの時間管理表。時間軸の延長として使えるメモスペースも付いて、朝活や夜活の予定を書き込むのにも便利です。また、デイリー(行動)ログとして使うと、健康管理などにも役立ちます。 

週末重視の月間手帳(A5スリム)
“余暇をよりクリエイティブに過ごすため”に設計された土日の記入欄の広さに加え、2つの予定が管理できるダブルマンスリータイプ。趣味、複業やスキルアップ目的の勉強等、土日の予定がたっぷり書き込めます。

お気に入りのEDiTをパートナーに、新しい春のスタート、新しい毎日を迎え、手帳の最後に「よい1年だった」と振り返ることのできる素敵な年にしてくださいね!

2020年版の発売スケジュールは以下の予定となっています。どうぞお楽しみに!

■1月20日(月)
オンライン・マークスで特典付き先行予約受付スタート
amazon、Yahoo! 、楽天のオンライン・マークス店で予約受付スタート

■2月1日(土)
マークス直営店、オンライン・マークスおよび、amazon、Yahoo!、楽天のオンライン・マークス店での通常販売がスタート

■2月上旬
全国の文具・書店、雑貨量販店などのお取扱店で、順次販売スタート